東浪見ポイント(とらみ)はオリンピックサーフィン会場にも選ばれたポイントにほど近いポイント。
以前はWCTの大会が開かれたハイサーフエリア。

波質はパワフルなビーチブレイクで、バレルが出現することも多々ある。ブレイクは速め。

隣の志田下同様「波乗り道場」の異名を持つようなハイレベルサーファーで賑わうので、初心者のサーファーには不向きと言えそう。

【関連】

波予想にも便利なリンク集はこちら