points list:千葉北エリア


ムラサキスポーツ楽天市場店

  • (2021年10月22日)

    大原海水浴場ポイント *大原海水浴場ポイントライブカメラ情報は現在ありませんでした。   夏には大人気で多くの方が訪れる海水浴場にあるのが、大原海水浴場ポイント。 柔らかい波質のブレイクが特徴で、初心者でも安心してサーフィンできるだろう。ロングボーダーも存在しているが、...
    詳しくはこちら
  • (2021年10月22日)

    長谷川荘前ポイント 民宿「長谷川荘」の前にある事から、そのままポイント名になっている。大原エリアでは北側に位置するポイント。 このポイントは基本的にコンパクトな堤防と消波ブロックの間でブレイクする。波質はショートライドではあるが、パワフルでチュービーな波が出現する。テイクオフ時には底ボレした...
    詳しくはこちら
  • (2021年10月22日)

    夷隅NO.1&NO2ポイント 夷隅ポイントは消波ブロックが規則的に投下されていて、堤防脇右側から一つ目、二つ目の事を夷隅1番や夷隅2番と呼んでいる。ちなみに、右へズレるほどローカル色や混雑が低くなるので、1番・2番が混雑している時は右に移動すると良いだろう。 波質は、縦アプローチのし...
    詳しくはこちら
  • (2021年10月22日)

    夷隅川河ポイント 夷隅川の中でブレイクする夷隅川ポイント。ブレイクはパワフルでチュービー、消波ブロックが投下されていてコンディションによっては危険な事もあるため、初心者には適していない。 リップが分厚い波質で、底ボレする。浅いボトムがパワーのあるブレイクを生み出すポイント。堤防間の右側の方が...
    詳しくはこちら
  • (2021年10月7日)

    太東ポイント(千葉北) 九十九里浜最南端に位置する太東(たいとう)ポイント。立地は堤防沿いにライトが割れる。他のポイントに大きなうねりが届いている時でも、その形状からサーフィン可能な波がブレイクする。 波質は厚いブレイクで、ロングボードだと更に最適な波質。左側に行くほどサイズが上がる傾向がある。...
    詳しくはこちら
  • (2021年9月12日)

    志田下ポイント 志田下(しだした)ポイントは、2021年のオリンピック会場にもなった場所。上級者向けのポイント。メインシーズンは春~夏。 日本でもハイレベルなポイントで、多くのプロサーファーを輩出している。別名は「波乗り道場」。カレントが強く発生し、エキスパートセッションの際は、インサイド待...
    詳しくはこちら
  • (2021年9月12日)

    東浪見海岸付近のライブカメラ   サーフポイントポイント情報 東浪見ポイント(とらみ)は、2021年開催のオリンピックサーフィン会場にも選ばれたポイントにほど近いポイント。 以前はWCTの大会が開かれたハイサーフエリア。ショートボードに適した波。 波質はパワフルなビー...
    詳しくはこちら
  • (2021年9月12日)

    サンライズポイント サンライズサーフィンポイントは、右側の堤防沿いに割れるライトの波がメインブレイク。 インサイドは深めの地形なので、アウトに入る力のある大きめのセットを狙うのがベター。 他にも、中央と左の堤防沿いのレフトの波も存在する。左の堤防は北風をかわすのでサーファーに重宝されている...
    詳しくはこちら
  • (2021年6月14日)

    一宮ポイント 一宮川を越えると現れる広いビーチが一宮ポイント。(いちのみや) ビーチブレイクで、深めの海底になりがちなので、うねりが小さいときにはブレイクしずらいが、サイズが上がると厚めのパワフルな波が出現。 南うねりだとレギュラーが決まりやすく、北うねりだと早い波だがグーフィーの波が良くなる...
    詳しくはこちら
  • (2021年6月10日)

    片貝新堤ポイント (かたがい しんてい ポイント)。 堤防の両脇に在り、レフト(左堤防側)とライト(右堤防側)のピークが代表的。中央のピークはライトレフト共にブレイク。 水深が深めでマッシーなブレイク気味だが、カットバックで繋げるとロングライドできる。堤防やTバーでは定説かもしれないが、堤...
    詳しくはこちら
  • (2021年6月10日)

    片貝漁港ポイント 片貝漁港ポイント(かたがい ぎょこう ポイント)は東京から最も近いサーフスポット。 週末ともなると混雑は激しいものになる。 ゴルフ用品、クラブは有賀園ゴルフ この片貝ポイントは、ロングとショートの住み分けが行われているので覚えておこう。 主に合計3つのエリアがあり、左...
    詳しくはこちら
  • (2021年6月10日)

    千葉北の吉崎ポイント(よしざき)は深い地形から厚めの波がブレイクし、初心者にも人気の高いサーフスポット。深い水深なのでハイタイドではバックウォッシュが起きやすい。ベストなのはロータイド(干潮)。 ゴルフ用品、クラブは有賀園ゴルフ ピークは3か所ほどあり、砂が動くことで場所が変化する。 ...
    詳しくはこちら
  • (2021年5月21日)

    【あめやポイント ライブカメラ】 旭市 ライブカメラ マッシーでロングボーダーで賑わうポイント。飯岡エリアでは最もうねりに敏感と言える。しかし、週末などは多くのサーファーが集結するため、トラブルが絶えない。 譲り合いの精神でピースなサーフィンを楽しみたい。消波ブロック付近には、複雑なカ...
    詳しくはこちら
  • (2021年5月21日)

    【飯岡 ライプカメラ】 飯岡平松浜波情報日記 / 飯岡ポイントはうねりの向きによって波質が変わることで知られている。北うねりはホレたチュービーな波で、ショートボーダー向けの波になるし、南うねりだとロングボーダーに愛されるメロウな波となる。 ビジターサーファーは、消波ブロック沿いにゲット...
    詳しくはこちら
  • (2021年5月21日)

    【君ヶ浜ライブカメラ】 海上保安庁 / YouTube   人工リーフが非常に危険なポイント。干潮時には入水しない方が良いかもしれない。プロサーファーでもヘルメットなどで頭部を守るくらいなので、自分のレベルに合わせてサーフィンしたいポイント。 1995年に人工リーフが入...
    詳しくはこちら




アゴダで上質な滞在先を探す

電話番号入力なしで引越し見積もりする方法